米中貿易摩擦が再び激化、ドル円は105円割れになる?

Pocket

皆さん、お久しぶりです。

 

 

 

中国が再び米国に追加の関税をするようで、米国も報復関税をするようですね。

 

 

米中貿易摩擦が再び悪化しそうだという事で、ニューヨークダウや為替は下落となりました。月曜日も、この流れが継続すると予想されていますので、日経平均株価も下落するだろし、ドル円やクロス円も朝から下落する可能性が高いようです。

 

 

 

北朝鮮のミサイル発射には為替は影響しなくなってますが、最近はトランプ大統領の発言や貿易摩擦のニュースで為替に影響が出ています。今後も影響があるかもしれませんね。

 

 

 

しばらくは円高傾向が強まるかもしれませんが、ドル円は月曜日に105円を割れるかもしれません。しかし105円割れは一時的だと思ってますし、ドル円は個人的には買いでいいと思うんですよね。月曜日に下落しても証拠金維持率に余裕があれば買っても大丈夫だと思います。アメリカが利下げするとしても、まだまだ日本との金利差がありますしスワップも高いので個人的には買いですね。

 

 

日米貿易協定でどうなるんでしょう?全然わかりませんね。

(;´∀`)

 

 

 

来週の金曜日はジブリの天空の城ラピュタがありますので、怖いのは金曜日かも?この映画があるときは相場がよく荒れますからね。

(;´∀`)

 

 

金曜日は保有しているポジションを整理して証拠金維持率に余裕を持っておきましょう。余裕を持って置けば相場が荒れても何とか生き残れますので是非余裕を!

(*´ω`*)

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です