いよいよ世界的に景気は後退?

Pocket

皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)

 

 

どーも、しんたろーです!

 

 

最近は株式市場も為替も悪くなっている感じがしますね。アメリカも近いうちに利下げがあるかもしれないという事で、ドル売りとなっていて円売りもあるようですがドルの方が強く売られているみたいですね。ポンドも何やってんだ?って感じですよね。メイ首相は辞任するみたいだし、EU離脱するなら早くすればいいのに、10月の離脱延期もありえるみたいな事言ってましたし、いい加減にしてほしい。

 

 

 

円高傾向が続いていて、とうとうドル円は107円台になりました。他のクロス円も円高傾向、株式市場も値下がりが続いてますし、この流れは過去の景気後退の時と同じ流れですね。

 

 

日経平均が2万円を割れてくれば景気後退も見えてくる気がします。やっぱり米中貿易摩擦の影響が世界経済に影響しているんでしょうかね?詳しくはわからないですけど、いつまでも好景気は続かないですし、米中貿易摩擦は激しくなっていますし、これから1年から2年は世界的に不景気を覚悟しないといけないのかもしれません。

 

 

 

とりあえずは上がったとしても戻り売りでいいの?FRBのパウエルさんが利下げについて何か話すかもしれませんし、利下げとなればドル売りが続くんだと思います。そうなれば円高傾向は続くと思うんですけど・・・

 

 

ただし年内に利下げが行われるにしても、利下げが行われるまでは高金利ですし持っていれば得ですから、ドル売りが起きてもドル円は買っても良さそうですけど・・・

 

 

とりあえず未来の予想は難しいですね。

(;´∀`)

 

 

自分が出来るのは証拠金維持率に余裕を持ちながら、ちょこちょこポジションを持つ事しかできないですね。一気に大金を稼いでやろうって出来ない性格なので・・・

 

 

 

一番怖いのは今年1月に起きたフラッシュクラッシュのような出来事、これに注意するには十分な証拠金維持率の確保です。何が起きてもいいように日頃から備えておいた方がいいでしょう。

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です