FXの一言日記

Pocket

皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)

 

どーも、しんたろーです!

 

あんまりブログを書くのが得意では無いんですが、気になった事は少しでも記録しておこうと思い一言日記をつけることにしました。

 

4月9日

トランプ大統領がEUに110億ドルの製品に関税を導入するという発言やIMFが2019年の世界の成長見通しを引き下げた事でリスク回避の円高となっているようです。ただし、僕は一時的な事だと思っているので数日後には111円50銭まで戻ると思ってドル円を買いました。自分の日足のチャート分析では111円50銭までは戻ると思うんですけど・・・・(上がる根拠としては5日移動平均線との乖離をもとに判断しています。あまりにも5日移動平均線よりも離れすぎだと思うんですよね。)

(´・ω・`)


最近は動画にも記録を残すようにしました。残しておけば今後に役に立つと思うので・・・

(´・ω・`)

 

 


 

3月31日

英国は3回目も否決でダメだったみたいですね。今度は4回目も行われると言われています。まだまだポンドは荒れるでしょうね。

(・・;)))


 

3月21日

昨日からポンド円が結構下げてますね。どうやら3月末に予定されていたEU離脱は延期される可能性が出ており、これがポンド円下落の原因なんでしょうかね?


 

それから日本時間の午前3時頃に行われたFOMCでは2019年の利上げが0回かもしれないのと、利下げが行われるかもしれないとの思惑でドル売りもあって円高が加速しています。今後しばらくあh円高が進むのかもしれません。


 

3月16日

どうやら英国は3月のEU離脱を3ヶ月ほど延期するかもしれないみたいですね。最大で1年も延期があるかもしれないようで、ブレグジット問題はまだまだ続きそうです。


 

3月14日

英国ではブレグジット合意案が否決、合意なきEU離脱もしないようなのでポンドが買われポンド円は148円を超える上昇となったようですね。日本時間の3月15日深夜にも採決があるみたいで、これも為替相場にも影響があるみたいなのでポンド絡みの取引は気をつけないといけないでしょうね。

 


3月12日

ポンド円が1日で3円も動いているようです。殺人通貨と言われるだけあって、えげつない動きですよね。これだけ動いたのには英国ブレグジットのニュースが原因だったみたいです。今週は荒い相場が予想されているので気をつけてくださいね。


3月9日

英国のブレグジットまで1ヶ月を切りましたね。3月29日までの期限となっていますが、投資家の間では期限が数ヶ月程度延期になるのでは無いかと言われています。期限に近づくにつれて色々なニュースで相場変動がありそうなので証拠金維持率には十分に余裕を持っておいた方がよさそうですね。

 

ニュースを観たんですが北朝鮮が再びミサイルを発射するかもしれないようです。突然のミサイルは円高傾向にあり、急激な相場変動に警戒しておかないといけませんね。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です