Appleショックでフラッシュクラッシュ!!ドル円は一時104円まで急落!

Pocket

皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)

 

 

どーも、しんたろーです!

 

新年早々から為替市場ではとんでもない出来事が起こりましたね。1月3日にドル円が104円まで急落してしまいましたね。クロス円なども大きく急落してしまいました。

 

 

僕自身も朝にチャートを確認してビックリしました。一瞬何が起きたのか理解が出来ませんでしたし、含み損も膨れ上がっていたし、楽天証券のアプリが前日の23時頃にログイン出来ないトラブルが発生していたので、朝も楽天証券アプリのバグでも起きたのだろうと思っていました。

 

それからネットやTwitterで調べてみると、どうやら楽天証券のアプリのトラブルでは無くて本当に起きた出来事だとわかりました。何がきっかけでフラッシュクラッシュ(瞬時の急落)が起きたのかと言うと米国市場の終了頃に発表されたAppleの2018年10月から12月の売上高見通しを引き下げだ事が原因と言われています。

 

 

このニュースに(コンピューターシステム)が大きく反応したようで、ドル円やクロス円は急落してしまいました。

 

 

僕はTwitterで情報を得る事が多いんですが、今回のAppleショックで多くの投資家がロスカットを喰らってしまったようです。僕も終わったかもしれないと思っていましたが何とかロスカットにはならず耐える事が出来ました。証拠金が200%ほどを維持していた事で助かったのかもしれません。

 

 

ロスカットで済むならいいんですが、Twitterで観ていると追証なんかも発生している投資かもいて大変な事になってますね。

 

 

それにしてもAppleの売上高見通しを引き下げただけでこんなにも急落する?今後Amazonとか大きな企業でも同じように売り上げ見通しを引き下げるニュースが流れれば大変でしょうね。

(;´∀`)

 

 

日本の市場では今年初めての取引が開始され日経平均株価は大きく下落しましたし、このまま円高が進むかもしれないと思われましたが、深夜のニューヨークダウやアメリカの経済指標、パウエル議長の発言などを好感したのか?円売りでドル円やクロス円は急騰したようです。

 

 

 

証拠金維持率に充分に余裕があれば多くの投資家が助かったでしょうね。本当に証拠金維持率には十分な余裕をもっておかないといけないと思い知らされましたね。

 

 

これから先にどうなるのか全く予想するのは難しいんですが、今後は英国とEU離脱のブレグジット関連、日米通商協議、米中の貿易戦争など相場が荒れそうな事が続きますから気をつけていかないといけませんね。

 

 

アメリカの経済指標、中国、EUの経済指標でも悪い結果が続けば再び大きく円高になってしまうかもしれません。今回のAppleショックで世界経済が減速していく可能性も高そうなので株式市場も為替市場も荒れる1年となるのかもしれません。

 

 

こんな感じで為替取引では大きく相場が変動する出来事が定期的に起きます。これからFX(為替取引)を始める方、まだまだ初心者だと言う方は証拠金維持率を十分に保ち取引を楽しんでくださいね。

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です