トランプ大統領がドル高や利上げをけん制でドル円は112円割れ

Pocket

皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)

 

 

どーも、しんたろーです!

 

 

ここ最近のドル円などのクロス円は円が売られ、円安方向へ進んでいましたね。ドルの買いが多くなってるとも言われています。ドル円は1月以来の113円まで円安になりました。アメリカが中国に関税を発動したものの直ぐには市場に影響は観られないだろうとか言われ株式市場など影響が無かったようです。北朝鮮との戦争確率も低下、ミサイルも飛んでこないから円高になる問題は無くなったかのように思われましたが・・・・

 

 

そうした中、アメリカのトランプ大統領が久々のドル高批判、さらにはFOMCの利上げまで批判をしてしまいました。

 

 

それから再び中国へ再び関税を発動用意が出来ている事や人民元安についても言いたい放題になっています。中国やEUは為替操作しているなどの発言がありました。

 

 

やっぱりトランプ大統領の発言は市場に影響を与えますねー。

(;゚Д゚)

 

数か月かけて進んだ円安を数時間で1円以上も円高にしてしまうんですね。

 

 

チャート

ドル円は113円まで円安が進んで、115円も行くんじゃないかと何処かのアナリストが言い始めていた矢先、ドル円は112円割れ

(*´ω`*)

 

トランプ大統領が出てこなければ順調に円が売られ115円もあったかもしれませんけど残念でしたね。そう上手くは行かせてくれませんね。

 

 

クロス円も円が買われ円高方向に進んでいるようですし、しばらくは円が買われるのかもしれません。下手すると近いうちに111円も割れるんじゃないでしょうか?

 

 

最近は米中貿易摩擦や人民元安など不安な材料が出てきてますよね。ちょっとニュース速報には最新の注意が必要になると思います。

 

 

中国への関税はアメリカの企業にも影響が出る可能性が高いそうで、せっかく好調なアメリカの経済にも影響が出るかもしれません。

 

 

またトランプ大統領の発言も怖いですね。今の所は円高に急落することばかり、FOMCの利上げについてもアメリカ経済が悪化するから利上げはするなみたいな事を言っていますし、今年は4回の利上げ予想となってますが、FOMCが利上げを見送れば円高になるんじゃないでしょうかね。

 

 

G20も始まったそうで、貿易摩擦への懸念が相次いでいるようです。日本にも関税の事は言われるだろうし、大規模な関税が発動するようならば為替にも影響が出てくるでしょう。

 

 

今年はアメリカの選挙もあるという事なので荒い値動きが予想されそうですね。

 

 

とにかく皆さんも気をつけて証拠金維持率に余裕を持って為替取引を楽しんでくださいね。

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です