アメリカと北朝鮮の首脳会談が中止になるようです。

Pocket

皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)

 

 

どーも、しんたろーです!

 

 

ニュースの情報で知りましたがアメリカと北朝鮮の首脳会談が中止になるそうですね。おまけにアメリカは北朝鮮への制裁も継続するみたいですし、今後は再び米韓合同演習が行われれば再び北朝鮮の怒りを買いそう。

 

 中止を伝える

 

日本時間の5月25日午前1時頃にアメリカで行われた会見でトランプ大統領は6月12日に行われる予定だった米朝首脳会談を中止すると伝えました。

 

 

このニュースを受けてドル円やクロス円は円が買われ円高方向へ動き出しています。最近までドル円は111円を維持している感じでしたが、109円付近まで下落している状態です。

 

 

北朝鮮はドタキャンが多い国でしたし、最近の韓国との会談も中止したので、大丈夫かなぁ~?って思ってましたが、今回は北朝鮮ではなくてアメリカが中止を言っちゃいました。

 

 

アメリカが中止した理由としてはマイク・ペンス米副大統領が『北朝鮮はリビアのように終わるかもしれない』との発言に北朝鮮側が『あのような無知な発言』と言った事から中止に至ったみたいですね。

 

 

北朝鮮は今回の首脳会談中止を残念がっているとの情報もあるようで、まだまだ対話の可能性もあるかもしれないようです。ただ会談を実現するにはアメリカの核廃絶、核施設の公開など北朝鮮がアメリカの要望を受け入れていかないといけないので首脳会談の実現は難しそう。

 

 

嫌なのはアメリカが北朝鮮を軍事攻撃してしまう事ですね。もし攻撃してしまえば為替相場への影響は大きいでしょうから、証拠金維持率には余裕を持って置かないと危ないでしょうね。

 

 

 

トランプ大統領の発言、北朝鮮の発言、今後のニュースにも注意が必要でしょうね。

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です