アメリカ新築住宅販売件数の結果や米政府機関の閉鎖への警戒感でドル円下落

Pocket

皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)

 

 

どーも、しんたろーです!

 

 

8月23日のドル円は円高に急落していますね。アメリカの新築住宅販売件数は市場の予想よりも下回り、米政府機関の閉鎖への警戒感などでドル円は急落しました。

 

 

 

 今日も発言に注意?

朝方のドル円は、ひょっとしたら110円を超えることもあるかもしれないと思いましたが、日本の株式市場が開くと見る見るうちに円高が進んでいきました。

 

 

また108円に突入しています。どんだけ落ちるのコレ?

 

 

 

トランプ大統領が『国境の壁建設で必要なら政府機関も辞さぬ』との発言でさらに円高が進みましたね。

 

 

気になる発言ですが、北朝鮮の『英国や豪州に対して米国の火遊びに参加するなと警告した』やトランプ大統領がNAFTA破棄の可能性を示唆していることやマコネル米上院院内総務の『米デフォルト回避に向けてトランプ大統領と協力している』などが発言次第では今後の為替に影響を与えそうですね。

 

 

債務上限がピンチって毎年言ってることだし、そんなに気にしなくてもいいとは思いますが、何が起こるか分からないですからね。何かが起きてしまってもどうすることも出来ないので証拠金維持率が耐えてくれることを願うしかありませんね。

 

 

 今夜も経済指標があります。

今夜もアメリカの経済指標があるので結果次第では流れを変えるかもしれません。

 

 

 

 爆上げがあるかな?

これだけ落ちていると、過去の記事を観てみるとどこかで爆上げがある可能性があります。アメリカの経済指標でいい結果があるかもしれませんし、トランプ政権でアメリカ経済にとって朗報があるかもしれません。

 

 

この情報を知っている誰かが円高に誘導しているんでしょうね。

 

 

真相はわかりませんけど・・・

( ˘•ω•˘ )

 

やはり金曜日のイエレン議長やドラギ総裁の発言まで円高にしているかもしれません?

 

 

今はSで保有しても良さそうですけど、沢山持つのは気をつけたいと思います。皆さんも気をつけてくださいね。

 

 

ドル円の週足を観てみると今年は108円から114円の間を行ったり来たりしているので、この間の建玉を持っているなら、含み損があっても損切せずに持っていても良さそうです。

 

 

ただし、108円を切るようなら105円の可能性もありそうです。

 

 

あとは耐えれるかどうかですね。証拠金維持率が・・・

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です