アメリカ7月の雇用統計非農業部門雇用者数と失業率、貿易収支などが発表されました。結果は予想よりも?

Pocket

皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)

 

 

どーも、しんたろーです!

 

 

今回はアメリカの7月の雇用統計と失業率、6月の貿易収支が発表されました。非農業部門雇用者数の結果は結構大事な経済指標なので、今日は必ずニュースを見るようにしました。

 

 

雇用統計の日って、かなり相場が活発に動く日なので利益が出しやすかったり、大きな損失が出やすい日になります。

 

 

結果はどうだったでしょうか?

 

 

 

 予想を上回る結果!

8月4日の21時30分に発表されたアメリカの7月の雇用統計、非農業部門雇用者数は市場の予想を上回る結果となりました。また、失業率は市場の予想通りになりました。雇用者数が予想よりも増えたのでアメリカの経済は好調なんでしょうね。

 

 

ただし平均賃金の伸びがあまり無いみたいで、低賃金で働く労働者の雇用が増えているようです。これがドル円にどう響くのかは謎です。

 

 

 

この結果を受けてなのかドル円は円安方向へ大きく動いていきましたね。

 

 

 

昨日も円安に動いていたと思ったらストーンと円高に落ちて行ったので、今日はどうなる事かと思っていました。

 

 

 

そして今日も米債券利回りの上昇が拡大してドル円が大きく動いたのかもしれません。

 

 

 

今週のアメリカの経済指標は市場の予想よりも悪い事が多かったので9月の追加利上げは無いかもしれないから失望売りが出ていたんですが、12月は追加利上げがあるかもしれないのでドルが買われているみたいな事がニュースに書いてありました。

 

 

こんなのを聞いても投資家の考えはコロコロ変わるので、あんまり気にしなくても大丈夫だと思います。

 

 

 

一方でユーロ円は大きく円高へ動いています。日足のRSIや移動平均線を観たんですが、おそらくそんなに円高が続く事は無い感じです。(あくまで個人の予想ですけど・・・)

 

 

 

 

 

 ドル円の利確が出来ました!

大きく円安に動いてくれたので保有していたドル円が含み損から含み益に変わってくれたので利益確定することができました。

 

 

今日はRSIや移動平均線が分かりやすい動きをしていたので、コツコツ利益を出すことが出来ました。ただ、予想以上に円安に動いてくれたのでラッキーな相場でしたね。

 

 

 

 来週はどうでしょう?

何とか利益確定が出来て証拠金維持率も473%を回復、これで少しだけですが取引に余裕が出ましたので少々の円高なら耐えることが出来ます。

 

 

来週はどんな相場になるのか全く分からないんですが、トランプ政権とロシア関連などが相場に影響を与えてきそうです。来週はアメリカの消費者物価指数があるのでどうなるでしょうね?

 

 

経済指標が発表される前に調整の売りが出る!?

 

 

それから台風の動きも少しだけ気になります。日本のどこかで大きな被害が出るようならドル円にも影響があるかもしれません。

 

 

今週最後の取引なので、深夜まで取引を楽しみたいと思います。それではおやすみなさい!

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です